座骨神経痛の治療は対処療法が基本になります。

座骨神経痛の治療方法は、基本的には対処療法が主体となります。

先ずは手術以外の方法を用いて疾患を和らげることで、

日常生活を普通に過ごせるように改善治療が行われます。

具体的方法としては、薬物療法、神経ブロック、理学療法などが一般的です。

薬物療法ではNSAIDsが痛み止めとして処方されます。

他にも、神経の痛みには神経障害性疼痛治療薬、

筋肉の緊張をほぐすために筋緊張弛緩剤、

血流を良くするための血管拡張薬等も用いられます。

また、神経ブロック療法によって、

痛みが神経に伝わるのを直接ブロックする治療法もあります。

この治療法は主に整形外科や麻酔科で行われています。

理学療法とは、いわゆるリハビリテーションのことで、

運動やマッサージを行うことで、代謝機能や運動機能を改善させ、

その結果として症状を緩和させる治療方法です。

これらの対処療法を行っても痛みが軽減されない場合、

また他の部位に障害が現れた場合にのみ手術が検討されます。

関連リンク・・》http://www.kenkodo-igaku.jp/iroha/zakotsu_2.html

Comments are closed.